スワップ金利とは?/フォワード取引とスワップ・ポイントの仕組み...

スワップ金利とは?@

スワップ金利というのは、
金利が異なる2つの通貨を
売買することによって生じる金利差のことをいいます。

 

スワップ金利は、
スワップポイントともいいます。

スワップ金利とは?A

金利の安い通貨を売り、
金利の高い通貨を買うことで、
毎日金利収入を得ることができますが、

 

反対に、金利の高い通貨を売り、
金利の安い通貨を買うと、
毎日金利を支払うことになります。

 

高金利通貨の代表的なものとして、
以下の通貨があります。

 

■オーストラリア・ドル
■ニュージーランド・ドル
■英ポンド

 

低金利通貨の代表的なものとしては、
以下の通貨があります。

 

■円
■スイス・フラン

 

なお、スワップ金利は、
長期投資の場合には、
損益に大きな影響を与えます。

 

【スポンサーリンク】

フォワード取引(キャリートレード方式)

スポット取引は、
2営業日語の決済ですが、

 

このフォワード取引は、
将来のある期日を決済日とする取引になります。

 

例えば、1ドル=100円で取引するとします。

 

スポット取引ですと、2営業日後に、
甲が乙に1ドルを渡して、
乙は甲に100円を渡すことで取引は完結します。

 

しかしながら、
これがもし1年後だったらどうでしょうか?

 

いま、ドルの金利が年5%、
円の金利が年1%であったとすると、

 

1年後には、
1ドルは1.05ドル(1ドル×1.05)、
100円は101円(100円×1.01)になります。

 

つまり、
1年後の1.05ドルは101円と同じ価値になるわけなので、
現在の1ドルの価値は96.19円(101円÷1.05ドル)になるわけです。

 

反対に考えると、この現在の96.19円が1年後には、
金利の差分3.81円がプラスされて、100円になるともいえます。

 

要は、現在の96.19円というのは、
1年後の価格である100円を
現在の価格に割引いた価格なのです。

 

外国為替の世界では、
この100円を「スポットレート」、
96.19円を「フォワード・レート」と呼んでいます。

スワップ・ポイントの仕組みは?

とはいっても、
スポットでは1ドル=100円で取引されているのに、
96.19円で取引するというのは、
感覚的にしっくりきません。

 

なので、為替の世界では、
フォワード取引をする際にも、
スポット・レートをベースにして、

 

そこに、
フォワード・レートとスポット・レートの金利差分(スワップ・ポイント)を
プラス・マイナスして取引する習慣が定着しているのです。

 

【スポンサーリンク】