為替売買益で儲けるとは?/スワップポイントを受け取るとは?

為替売買益で儲けるとは?@

為替売買益で儲けるというのは、
為替レートの上下によって儲けることですが、
投資用語では、キャピタルゲイン型の投資方法といいます。

 

キャピタルゲイン型の投資方法とは、
簡単に言うと、
安く買って高く売る取引のことです。

為替売買益で儲けるとは?A

例えば、1ドル=100円のときに1万ドルを買い、
1ドル=110円のときにそれを決済したとすると
10万円の儲けとなります。

 

⇒ (110円−100円)×1万通貨=10万円

 

ちなみに、キャピタルゲインは、
為替売買益とも訳されます。

 

また、FXでは、
高く売って安く買うという逆の取引もできます。

 

例えば、1ドル=110円のときに1万ドルを売って、
1ドル=100円のときにそれを決済したとすると
同じように10万円の儲けとなります。

 

⇒ (110円−100円)×1万通貨=10万円

 

初めに売るというのは、
慣れないと最初はイメージがわきにくいですが、
FXではこの最初に売りから入るという取引も
ごく一般的なものとなっています。

 

なお、外貨投資を行う上では、
最初に為替売買益を考えるべきで、
金利はその次に考えることが大切です。

 

【スポンサーリンク】

スワップポイントを受け取るとは?

スワップポイントは、
対象になる通貨を発行する国の
金利水準に依存しています。

 

現在は、米国の金利の方が
日本の金利よりも高い状況です。

 

よって、ドル買い(=円売り)を行った場合には、
ドル金利(受け取り金利)のほうが
円金利(支払い金利)より高いので、

 

スワップポイントはプラスになり、
取引期間に応じて
スワップポイントを受け取ることになります。

 

わかりやすく言うと、
ドルを買うと金利分がもらえるということです。

 

また反対に、
ドル売り(=円買い)を行った場合には、
スワップポイントの支払いが発生することになります。

スワップポイントのレートは?

実際のFX取引では、
FX会社によって、

 

買いのスワップポイントと売りのスワップポイントの
レートが若干異なってきます。

 

また、スワップポイントは、
スポット取引の場合には、
1日ごとに受け払いが行われます。

 

そして、銀行預金や
銀行借り入れの金利計算と同じように、
取引期間中に土日や祝日などが入れば
その分も計算されます。

 

【スポンサーリンク】