スワップ金利で儲けるとは?/土日・祝日のスワップポイントの計算は?

スワップ金利で儲けるとは?@

スワップ金利、
すなわち、為替の金利差で儲ける方法というのは、
投資用語では、
インカムゲイン型の投資方法といいます。

 

インカムゲイン型の投資方法というのは、
低金利通貨を売り、
高金利通貨を買うことによって、
スワップ金利を得ることをいいます。

スワップ金利で儲けるとは?A

高金利通貨として代表的なのが、
オーストラリア・ドルやニュージーランド・ドル、
英ポンドなどですが、

 

これらの通貨を買って、
低金利通貨の代表例である
円やスイス・フランを売る
という方法が人気があります。

 

例えば、オーストラリア・ドルを買って
円を売るという状況で、

 

100万円の投資資金で
1万オーストラリア・ドルを保有しているとすると、
1日あたり100円程度の利息を受け取ることができます。

 

1年間でおよそ4万円ですから、
年利に換算すると4%です。

 

仮にこれをレバレッジ5倍で運用しているとすると、
1年間ではおよそ20万円の利息、
年利20%にもなります。

 

株式投資を運用している人の平均利回りが
年間10%という統計があるそうですが、
FXでしたら、これがあっさりと達成されてしまいます。

 

【スポンサーリンク】

スワップ金利運用で注意する点は?

しかしながら、
注意が必要な点もあります。

 

それは、スワップ金利の利益というのは、
為替差益による利益よりも小さいということです。

 

わかりやすく言うと、
為替レートが不利な方向に動けば、
スワップ金利の利益などは、
吹き飛んでしまうということです。

 

たとえ1万通貨の保有で
毎日100円程度の利息を受け取ることができても、
為替が1円不利な方向へ動けば、
1万円もの含み損が増えてしまいます。

 

なので、スワップ金利で儲けるとはいっても、
キャピタルゲインと同じように、
為替レートの方向を予測することが必須となります。

土日・祝日のスワップポイントの計算は?

スワップポイントは、
スポット取引の場合には、
1日ごとに受け払いが行われます。

 

そして、銀行預金や
銀行借り入れの金利計算と同じように、
取引期間中に土日や祝日などが入れば
その分も計算されます。

 

例えば、金曜日に取引を行って
翌日にロールオーバーする場合は、

 

翌日の土曜日と翌々日の日曜日は
営業日ではありませんので、
決済日は月曜日に繰り延べられます。

 

つまり、スワップポイントは
3日分として計算されます。

月曜日が祝日の場合は?

月曜日が日本の祝日であったり、
米国の祝日である場合には、
スワップポイントは4日分になります。

 

【スポンサーリンク】