ロールオーバー・キャリートレード、スポット、FXの取引時間...

ロールオーバー・キャリートレード@

スポット取引というのは、
2営業日後に決済を行うのが
ルールになっています。

 

しかしながら、投資家としては、
取引のわずか2営業日後に、
その都度通貨の受け渡しをするのは非常に面倒です。

ロールオーバー・キャリートレードA

また、フォワード取引の場合でも、
決められた期日の相場によっては、
さらに同じポジションを保有し続けたいときもあるわけで、

 

一度決済した後に、
また同じ注文をするのも面倒です。

 

なので、FX(外国為替証拠金取引)では、
決済日を自動的に繰り延べるための仕組みが採用されています。

 

ちなみに、
スポット取引では「ロールオーバー方式」、
フォワード取引では「キャリートレード方式」
と呼ばれています。

スポットとは?

スポットというのは、直物取引のことです。

 

インターバンク市場の場合は、
取引日から2営業日後が決済日となり、
取引外貨とその対価の受け渡しが行われます。

 

【スポンサーリンク】

FXの取引時間は?

FXの取引時間は、
日本時間の月曜朝7時から
ニューヨーク時間の金曜午後5時※までです。

 

ちなみに、この時間帯は、
銀行の為替担当者が
取引を行っている時間と同じです。

 

また、外国為替の取引は、
その時々に中心となる市場の動向により、
取引の薄くなる時間帯はありますが、

 

原則として24時間動いていますので、
いつでも注文可能です。

 

とはいえ、投資家のほうは
24時間相場を常時注視しているわけにはいきませんので、

 

「逆指値」によるストップ・オーダー
を入れることができる仕組みになっています。

 

※日本時間の土曜午前7時、米国夏時間では土曜午前6時です。

 

【スポンサーリンク】