円高と円安の違いは?

円高と円安の違いは?@

円高と円安を考えるのに
一番わかりやすいのは、
海外旅行に行ったときのことをイメージすることです。

 

例えば、買い物のための資金を
20万円と決めて海外旅行に行く際、
1ドル=200円の場合は、
1,000ドル分しか買い物ができませんが、

 

1ドル=100円になった場合には、
2,000ドル分の買い物ができますよね。

円高と円安の違いは?A

つまり、1ドル=100円の方が
たくさん買い物ができる=円が強い=円高
ということです。

 

反対に、
1ドル=100円が200円になった場合には、
買い物できる金額が減った=円が弱い=円安
ということになるのです。

 

よくテレビのニュースなどで
「今日は円高ドル安」などというのを
耳にすることがあると思いますが、

 

これは、円がドルに対して強くなった
ということを言っているのです。

 

ニュースなどでは、
ドル円の動きだけが伝えられることが多いですが、
円はドルだけでなく、

 

ユーロやオーストラリア・ドル、英ポンドなど
様々な通貨に対してもレートが変化しているのです。

 

つまり、円高ユーロ安や、
円安オーストラリア高などの状況が
毎日発生しているということです。

円全面高と円前面安とは?

一般的には、
円が他の通貨全般に対して上昇した場合には「円全面高」、
反対に下落した場合には「円前面安」などと言われます。

 

為替はあくまでも相対的なもで、
株価のように、過去の株価に対して上昇したというような
絶対的なものとは異なる、
ということを理解しておくとよいと思われます。

 

【スポンサーリンク】