機関投資家と実需/通貨の受け渡しの手数料

機関投資家とは?@

機関投資家というのは、
顧客から集めた資金を運用する
次のような会社のことをいいます。

 

■生命保険会社
■損害保険会社
■投資信託会社...など

機関投資家とは?A

1980〜90年代には、
日本の生命保険会社は、
巨額の運用資金から「セイホ」と呼ばれ、
為替市場に大きな影響を与えていました。

 

しかしながら、
その後のバブル崩壊によって
存在感はかなり小さくなっているようです。

 

現在は、投資信託を通しての
外貨投資が盛んであることから、
長期的な円安ドル高の材料の1つとされています。

実需とは?

実需というのは、
輸出や輸入を伴う事業を行っている会社のことをいいます。

 

輸出入企業では、
将来の売上げやコストを確定するために、
先物取引※をしています。

 

しかしながら、現在の大手企業では、
為替リスクを減らすために
色々と経営上の工夫をしているので、
以前ほど影響はなくなったと言われています。

 

※先物取引というのは、3か月後にドルを買ったり売ったりする取引のことです。

 

【スポンサーリンク】

通貨の受け渡しの手数料は?

また、いまだに多くの銀行では、
1ドル取引するごとに
1円程度の手数料がかかりますが、

 

FXでは、銀行の10分の1程度の手数料で
外貨を売買できますので、
手数料は格安です。

 

もちろん、現受けした通貨を
実際の貿易の決済などに使うためには、
取引事業者の口座から
銀行口座を経由する必要がありますので、

 

その際に銀行側でも
手数料を取られることになります。

 

しかしながら、その手数料を含んでもなお、
銀行の為替手数料よりも割安な場合が多いです。

 

よって、FXは、投資だけでなく、
実需の為替取引にとっても有利といえます。

具体的な通貨の受け渡しとは?

FXで通貨の受け渡しを行うのは、
株式の信用取引で
品受けや品渡しをするのと類似しています。

 

FXでは、受け渡しの手続き(申請)をして、
受け渡しに伴う資金が預託されていれば、
それで受け渡しが行われます。

 

ちなみに、受け渡しは、
締め切り日時が取引形態によって異なっています。

 

スポット取引では、各営業日の午後3時まで、
フォワード取引では最終取引日の2営業日前の正午まで、
などと決められています。

 

【スポンサーリンク】