FXの値動き・リスクとは?

FXの値動きは?@

FXと株式投資とで最も大きく違う点は、
その値動きです。

 

FXは株よりも値動きが小さいので、
株よりもローリスク・ローリターンの商品です。

 

株の場合は、
投資対象が10倍になることもあれば、
投資した会社が倒産して、0になることもあり得ます。

FXの値動きは?A

しかしながら、FXの場合には、
そのようなことはありません。

 

例えば、ドル円で考えてみても、
現在の1ドル=105円のレートが、1年後に、
その10倍の1ドル=1,050円になることは
まず考えられません。

 

同様に、1ドル=105円が、1年後に
その1/10の1ドル=10.5円になることも
まずないでしょう。

 

このように、通貨というのは
株と比較して値動きが小さい商品といえます。

 

【スポンサーリンク】

FXでリスクをとる場合は?

FXは、基本的には、
ローリスク・ローリターンの商品なのですが、
もう少しリスクをとって利益を得たい
と考える人もいるかもしれません。

 

そのような場合に利用するのが、
レバレッジになります。

 

株式投資の場合は、例えば、
100万円を投資資金に、
株価1,000円の株を1,000株購入後、
株価2,000円になったところで売却すると
利益は100万円です。

 

FXの場合は、例えば、
1ドル=100円のときに、
100万円の証拠金を投資資金にして、
レバレッジ10倍を利用し10万ドルを購入、
その後、1ドル=110円になったときに売却すれば、
同じように利益は100万円になります。

 

このレバレッジが利用できるがために、
FXはハイリスク・ハイリターンと言われるのですが、

 

実際にはFXは株よりも値動きが小さいので、
レバレッジを利用して
ようやく株と同様のリスクとリターンの商品となる
ということもいえるのです。

証拠金とは?

証拠金というのは、外貨投資を行うために、
取引業者に預け入れるお金のことをいいます。

 

証拠金は、「保証金」とも呼ばれます。

カバーとは?

カバーというのは、顧客取引の反対売買をして、
残高を調整するための取引のことをいいます。

 

【スポンサーリンク】