FXと外貨預金の取引レートは?

FXと外貨預金の取引レートは?@

手数料と同様に、
FXは取引レートでも
外貨預金よりも有利になっています。

 

これは、日本の銀行が
朝10時頃に決まる仲値というレートから、
1ドルにつき1円ほど利益を上乗せして
ドルを個人に売っているからです。

FXと外貨預金の取引レートは?A

この対顧客売買レートというのは、
専門用語でTTBやTTSと呼ばれています。

 

外貨預金も同様で、
交換レートで1円上乗せされます。

 

なので、手数料とあわせると
片道合計2円もコストが発生している
ということがいえます。

 

1万ドルなら2万円、
往復4万円ものコストがかかります。

 

これに対して、FXの場合は、
スプレッドという手数料はあるものの、

 

レートについては、
インターバンク市場で取引されている
インターバンクレートです。

 

しかも、多くのFX取引業者の手数料は
往復でも20銭以下ですから、

 

FXは外貨預金と比較して、
1ドルにつき3円以上も
有利な取引ができるといえます。

 

【スポンサーリンク】

その他、FXが外貨預金よりも有利な点は?

その他、FXが外貨預金よりも有利な点としては、
次のようなものがあげられます。

 

■スワップ金利が外貨預金の利息よりも高いこと
■取引が24時間いつでもできること...など

FXの手数料体系は?

FXで為替取引を行う場合には、
手数料がかかります。

 

また、インターネット経由の取引と
コールセンター経由の取引では、当然ですが、
インターネット経由の取引のほうが
手数料は割安です。

 

投資家側からすると、
手数料は安いに越したことはないですが、
単に手数料が安いからといって、
そのFX会社がよい業者かというと、
必ずしもそうとはいえません。

 

FX業者もビジネスですので、
手数料、為替レート、スワップポイントの
どれかで収益を上げなければ事業が成り立たないからです。

 

【スポンサーリンク】