リアルタイム取引とは?/契約書や約款の重要性...

リアルタイム取引とは?@

外国為替証拠金取引(FX)では、
外国為替市場で常に変動している
為替レートでの取引が可能です。

 

FXの最大の特徴は、
世界中の外国為替市場で形成されている
為替レートに準じて、
リアルタイムで取引できることです。

リアルタイム取引とは?A

これとは対照的に、
外貨預金や外国債券など
他の外貨建て金融商品というのは、

 

基本的には、
午前10時段階で決められる仲値をベースにして、

 

それに一定の為替手数料を加減した
対顧客相場で取引することになります。

 

この対顧客相場の場合には、その日のうちに、
よほど大きく為替レートが変動しない限りは、
1日中適用されることになります。

 

つまり、これは値動きがないということです。

 

よって、FXの場合には、
常に変動している為替レートでの取引が可能なので、

 

24時間、値動きがある限りは
いつでも投資する機会に恵まれていることになります。

 

【スポンサーリンク】

契約書や約款の重要性

一般に契約書や約款というのは、
小さな文字で難解な用語が羅列されているものです。

 

しかも重要なリスクに関することは、
欄外にさらに小さな文字で
但し書きとして記述されていることも多いです。

 

しかしながら、
契約書に記述されている内容に
署名・捺印した以上は、
顧客がすべての項目に目と通して、
内容を理解したものとみなされますので、

 

あとでトラブルが生じたとしても、
その多くは事業者側に有利な証拠となってしまいます。

 

よって、一人前の投資家としては、
自分が扱う取引の内容については、
当然、熟知しておく必要があります。

 

これは、たとえ何か知らないことがあっても
損をするのは自分なので、必須といえます。

 

そういった意味でも、
過去の自分の経験や知識の外にある取引に
取り組もうとする場合には、

 

その内容を細かいところまで
しっかり押さえておく必要があります。

 

証券の現物取引の経験しかない投資家が、
FXのようなレバレッジの効いた取引を行うと、

 

往々にして現物取引と同様の意識で売買してしまい、
取り返しのつかない損失を抱えてしまうことがありますので、
注意が必要です。

 

FXというのは、
株式の信用取引以上に
レバレッジの効いた取引だからです。

 

また、レバレッジ取引には、
その取引ならではの売買の仕方というものがありますが、
その売買の仕方以前に、
取引のルールを頭に入れておかなければならないのは
当然のことといえます。

 

投資家であれば、
誰でもすぐに取引を開始して
利益を上げたいと考えるのはわかるのですが、

 

損失を出してからでは遅いですから、
契約書や約款などの必要書類には
必ず目を通して、内容を十分理解するようにしてください。

 

【スポンサーリンク】