2Wayプライスとは?

2Wayプライスとは?@

2Wayプライスというのは、
外貨の売値と買値を
同時に表示したもののことをいいます。

 

取引画面においては、
取引できる通貨ペアの現在値が表示されていますが、
例えば、以下のような表示になっていると思います。

2Wayプライスとは?A

⇒ (ドル/円)ビッド111.05 オファー111.10

 

これは、投資家の側から見た場合には、
「現在、110円05銭でドルを売ることができます。
110円10銭でドルを買うことができます」
という意味です。

 

このように、外貨の売値と買値が
同時に提示されたものが2Wayプライスです。

買値と売値の差は?

投資家側から見た場合、
外貨の買値よりも売値の方が安くなっていますが、
この買値と売値の差額が、
投資家の負担するコストということになります。

 

ちなみに、
この買値と売値の差額のことを
スプレッドと言います。

 

FXの場合、外貨の買いと売りの両方に
為替手数料がかかりますが、
同時に、このスプレッドもコストの1つになります。

 

当然ですが、
このスプレッドが小さい方が
コスト負担が軽いと言うことになります。

為替手数料が無料のところもあるようですが…

FX会社の中には、
為替手数料が無料のところもありますが、
こういう会社は、スプレッドで
手数料を取っているケースが多いです。

 

なので、為替手数料とスプレッドの両方を比べて、
コストの割安なところで取引することが重要になってきます。

スポットレートとは?

スポットレートというのは、
銀行間(インターバンク市場)における
取引のレートのことをいいます。

 

スポットレートは、
いわゆるインターバンクレートのことです。

 

【スポンサーリンク】