逆指値注文とは?

逆指値注文とは?@

逆指値注文というのは、

 

外貨を買う場合は、
現在の為替レートよりも
高いレートで買い指値を出し、

 

外貨を売る場合は、
現在の為替レートよりも
安いレートで売り指値を出す
という注文方法のことを言います。

逆指値注文とは?A

これは、ストップロスといって、
損失が拡大することを
限定するために行うものです。

 

例えば、1ドル=100円でドルを買い、
現在の為替レートが1ドル=101円だとします。

 

このような場合、
1ドル=100円よりもドル安が進むと、
損失を被ることになります。

 

そこで、損失幅が
一定以上に拡大しないようにするために、
例えば、1ドル=99円で
ドルの売り指値を入れておくのです。

 

これが逆指値と言うものです。

 

こうすることによって、
実際にドル安が進んだ場合でも、
1ドル=99円に達してたときに
自動的に決済が行われますので、

 

仮に98円、97円…と
ドル安が進んだ場合でも、
損失の拡大を防ぐことができます。

 

【スポンサーリンク】

指値注文とは?

指値注文というのは、注文方法のひとつで、
将来に対して、現在よりも有利なレートを
指定して行う自動注文のことをいいます。

ストップロス制度とは?

ストップロス制度というのは、証拠金額の
一定割合を超える評価損が発生した時点で、
その直後に自動的にポジションが閉じられるものです。

 

これは、本来は、
投資家の資産を守られるために、または
損失を一定以上に拡大させないためにあるものです。

 

もし、ストップロス制度がなかったとして、
何かの特殊要因で
為替レートが何十円も動いたとしたら、
取り返しのつかないほどの損失が発生する可能性もあります。

 

見方によっては、
投資家にとって余計なものに思えるかもしれませんが、
このストップロス制度がなければ、
損失が限りなく拡大し、
全財産を失うことにもなりかねません。

 

よって、ストップロス制度は、
損失を限定させてくれるありがたい制度なのです。

 

【スポンサーリンク】