ストップロスとは?/追加証拠金を入れるとは?

ストップロスとは?@

ストップロスというのは、
ロス(損失)をストップ(限定)させるために行う
取引のことをいいます。

 

外国為替取引に限りませんが、
価格変動が伴う金融商品に投資する際には、
損失額がどの程度になったところで損切りをするのかを
あらかじめ決めておいて、

 

その水準に達したら、
機械的に損切りをする方が、
長期的にみると有利になります。

ストップロスとは?A

とはいえ、投資家の多くは、
実際に損失が膨らんでいるにもかかわらず、
なかなか損切りをすることができずに、
さらに傷口を広げてしまいがちです。

 

とくにFXの場合は、
レバレッジの高い運用をしていると、
わずかな為替レートの変動によって、
実際の損失額が大きく膨らんでしまうというケースもあります。

 

よって、事前にストップロスを決めておき、
機械的に損切りを行うのが得策です。

 

もしかしたら買値(売値)まで戻ってくるかも…
と甘い期待感を持ってしまうと
なかなか損切りに踏み切れない状況に陥ってしまいがちですから
注意したいところです。

強制ロスカットとは?

強制ロスカットというのは、評価損が発生し、
証拠金維持率が一定レベルを下回った場合に、
FX取引業者が、強制的に
保有しているポジションを決済することをいます。

 

【スポンサーリンク】

手仕舞いとは?

手仕舞いというのは、
信用取引で売り、買いを
反対売買で決済することをいいます。

追加証拠金を入れるとは?

多くのFX会社では、
インターネット取引で
証拠金の50%を超える評価損が発生すると
アラームが表示されます。

 

しかしながら、アラームが表示された時点でも、
まだ反対売買を行ってポジションを閉じないで
損失がさらに拡大した場合には、

 

ほとんどのFX会社では
ストップロスを採用していますので、
証拠金額の一定割合を超える評価損が発生した時点で、
その直後には、自動的にポジションが閉じられることになります。

 

もちろん、追加証拠金(追証)を入れれば
ポジションを持ち続けることはできるのですが、
為替は24時間取引ですから、
夜間銀行が業務を行っていないと
資金の送金すらできないことがあります。

 

また、為替は動くときの速度というのは非常に速いので、
損失幅が拡大するのはあっという間です。

 

ストップロスにかかる損失ラインを
超えてから対処しようなどと考えていても、
実際には何もできないことの方が多いのです。

 

例えば、資金量目一杯の取引の場合ですと、
わずか5〜10円程度の相場変動でも
ポジションを維持できなくなってしまいますので、

 

株式の現物取引などとは
全く違った考え方が必要になるのです。

 

【スポンサーリンク】