システムリスク、スキームリスク、信用リスク...

システムリスクとは?@

インターネットを利用して
FX取引を行う場合には、
次のようなリスクがともないます。

 

■自分のパソコンの故障
■自宅の停電
■プロバイダーの回線状況
■取引事業者のシステムの保守管理
■セキュリティやデータ管理...など

システムリスクとは?A

たとえ、大手証券会社や
銀行系のFX取引事業者であっても、
システム上のトラブルが起こる可能性は常にあります。

 

なので、そうしたトラブルが起こった際には、
どのように対応するのかといったことを、
投資家自身が考えておく必要があります。

スキームリスクとは?

FX取引は、
取引所取引ではなく相対取引なので、
次のような取引ルールは
FX業者ごとに異なります。

 

■為替レート
■取引通貨
■取引形態
■取引方法
■利用時間...など

 

よって、個別の内容について
1つ1つ確認しておくことが大切です。

 

【スポンサーリンク】

信用リスクとは?

FX業者を選択する際には、
その業者のバックグラウンドにも
注意する必要があります。

 

というのは、FX業者の背後には、
必ず対顧客との為替取引を
ヘッジする事業者が控えているからです。

 

その事業者のバックグラウンドにも
同様の為替事業者が控えているのであれば、
その事業者の信用リスクも考慮する必要があるのです。

 

つまり、顧客が取引するFX業者の
社会的・財務的信用というのは、
その背景にある事業者の
社会的・財務的信用に支えられているということです。

 

FX業者のなかには、
大手外資系銀行がバックについているということがありますが、
これは、大手外資系銀行が
取引するに値すると判断しているFX業者ということになります。

 

また、複数の銀行がバックについているということは、
そこに競争原理が働きますから、
その事業者が顧客に提示する為替レートも、
比較的よいレートである可能性が高くなります。

 

よって、FX業者を選択する際には、
そのFX業者だけでなく、
そのバックグラウンドについても
慎重に確認する必要があります。

 

【スポンサーリンク】