片道とトレーディング/悪材料とは?

片道とは?@

外貨投資というのは、
円を売って外貨を買うことによって
ポジションを作り、

 

その後に買った外貨を売ることによって
ポジションを解消し、

 

そこで損益が確定されます。

片道とは?A

この円を売って外貨を買う、
または外貨を売って円を買うという

 

取引のどちらか一方にかかる為替手数料のことを、
片道の手数料といいます。

 

よって、ポジションを作ってから
ポジションを解消するまでの
取引にかかる為替手数料は、
往復の手数料ということになります。

トレーディングとは?

トレーディングというのは、
為替をはじめ、株式や債券など、
ある特定の投資対象を売買することを言います。

 

トレーディングの語源は、
トレード(交換)するという言葉です。

 

ちなみに、ディーリングという言葉が
使われることもあります。

 

【スポンサーリンク】

悪材料とはどのようなものですか?

悪材料というのは、
投資家が保有している銘柄やポジションの値段が
不利な方向に動く材料のことをいいます。

 

といっても、一般的には、
買いから入る投資家が多いこともあって、
悪材料といった場合には、
価格を下落させる要因を指すケースが多いです。

 

ちなみに、悪材料は、
「弱材料」「弱気材料」「下げ材料」「売り材料」
などとも呼ばれます。

具体的には?

悪材料は、
具体的には次のようなものを含め様々です。

 

■経済指標の悪化
■政情不安
■テロ(未遂、懸念)
■転変地異...など

アク抜けとはどのような状況のことですか?

一般に悪材料が出尽くした後というのは、
反発することが多いのですが、
これをアク抜けといいます。

 

これは、食材を調理するときに出る
「アク(灰汁)」になぞらえた表現です。

 

【スポンサーリンク】