FX会社が破綻したら?/テレビ番組からの情報収集は?

外貨預金で金融機関が破綻したら?

外貨預金の場合は、
取扱い銀行が破綻すると、
預けていた預金が戻ってこない恐れがあります。

 

というのは、外貨預金は
預金保険の対象外となっているからです。

 

ちなみに、外国債券の場合も、
発行している企業などが破綻してしまうと、
ただの紙切れになる恐れがあります。

FXの場合は?

通貨の場合は、
よほどのことがなければ、
お金の価値そのものが
ゼロになることはありません。

 

しかしながら、FXの場合には、
それを取り扱っているFX会社の
信用リスクがあります。

 

このようなリスクに対応するため、
FX会社の中には、
顧客から預った証拠金を
信託口座に預けることにより保全するところがあります。

 

FX会社を選択する際には、
できれば信託方式によって
顧客資産の保護を図っている会社を
選ぶようにしたいところです。

 

※現在は、法律で、国内のFX業者には、顧客資産の信託保全が義務付けられています。

 

【スポンサーリンク】

新聞・インターネット・テレビからの情報収集の仕方は?

新聞やインターネットは、
じっくり読まないと
なかなか頭に入っていかない
という人も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、新聞やインターネットをチェックしてから、
テレビを見るに越したことはないのですが、

 

それが困難である場合には、
新聞やインターネットでの情報収集は
可能な範囲で行うことにして、
大まかな情報はテレビで補うというのもお勧めです。

 

例えば、
G7などの大きなイベント前後の各国の動向や、
テロやハリケーンなどの突発的な事件、
国際情勢や各国要人の発言、
政治動向などについては、
必ずニュース番組で取り上げられるからです。

 

さらに、最近のニュース番組ですと、
解説委員や評論家などが
詳しく内容を解説してくれますし、

 

大事なところは
図式や文字で表示してくれますので、
かなりわかりやすいと思われます。

G7とは?

G7(Group of seven)というのは、
日本語では「先進7か国財務相・中央銀行総裁会議」
と訳されます。

 

このG7では、会議の性格上、
為替問題が取り上げられることも多く、
外為市場で注目される会議の1つになっています。

 

【スポンサーリンク】