信託保全と分別管理/複数口座を開設する...

信託保全とは?@

信託保全というのは、
顧客から預った証拠金を
銀行の信託口座に預け、

 

信託管理人制度のもとに、
その銀行の資産とは
分別して管理する方法です。

信託保全とは?A

この信託保全を用いて入れば、
たとえ利用しているFX会社が破綻したとしても、
顧客資産の安全性が確保されます。

 

具体的には、
信託管理人の手によって、
顧客に証拠金が返還される形になります。

分別管理とは?

FX会社の中には、
分別管理を標榜していても、
信託口座を利用しないで、
あくまでも自社の資産と分別して
顧客資産を保全しているだけというところもあります。

 

このような場合ですと、
いくら表向きは分別管理をうたっていても、
実際には自社の資産と分別していないので、
仮にそのFX会社が破綻した場合には、
顧客資産が十分に保全されないケースもあります。

 

よって、分別管理をしているという場合でも、
きちんと信託口座を使った分別管理であることを
確認することが必須です。

 

【スポンサーリンク】

自分に合ったFX業者を見つけるには?

FX業者は、
かつては200社以上あったのですが、
現在では規制が強化されたこともあり
100社程度に減少しています。

 

しかしながら、
証券会社など他業種からの参入は続いており、
サービスの多様化はさらに広がっています。

 

数あるFX業者の中から、
実際に取引するところを選ぶというのは、
なかなか大変なことですが、

 

次のようなポイントを踏まえて検討すると、
上手く自分に合った業者が見つかると思います。

 

■コスト(手数料)
■安全性(分離保管や信託制度の有無)
■通貨ペアの数
■証拠金とレバレッジ倍率
■ロスカットとマージンコール...など

FX業者は1つに絞ったほうがいい?

なお、必ずしもどこか1つのFX業者に
絞らなくてはならないということではありません。

 

ある程度入金しておけば、
口座を維持する手数料をとらない業者もありますから、

 

何かの備えとしても、
複数の口座を開設して、
実際にどこが使いやすいのか
ということを試してみるのもよいかもしれません。

 

【スポンサーリンク】