外貨預金口座とは?/FX専門業者と商品先物取引業者・証券会社...

外貨預金口座とは?@

外貨預金口座というのは、
外貨預金を扱っている銀行であれば、
どこでも開設することができます。

 

外貨預金には、
普通預金と定期預金がありますが、

 

FXの資金を外貨で受け入れる場合には、
普通預金口座に振り込むほうがよいでしょう。

外貨預金口座とは?A

これは、定期預金ですと、
中途解約などに
一定の制約が設けられていて、

 

いつでも自由に現金化できない
というデメリットがあるからです。

トラベラーズチェックとは?

トラベラーズチェックというのは、
旅行用小切手のことをいいます。

 

最近では海外旅行においても、
クレジットカード決済が
一般的となっているため、

 

トラベラーズチェックの利用件数は
少なくなっていますが、

 

銀行によっては、
外貨預金口座に預けてある外貨を
円に替えずに、

 

そのまま、
トラベラーズチェックの購入代金に
充ててくれるところもあるようです。

 

トラベラーズチェックの場合、
必要な金額をトラベラーズチェックにして
海外旅行などで使用すれば、

 

為替リスクなどの懸念はなくなる
というメリットがあります。

 

【スポンサーリンク】

FX業者の形態は?

株式投資の場合は
証券会社、預金の場合は銀行などと、
何に投資するのかによって
その受付窓口は決まってきます。

 

FXの場合は、一般的には
FX業者といわれる会社を通じて
取引することになりますが、
このFX業者には様々な企業があります。

 

FX取引においては、もともと
参入制限がなかったこともあり、
多くの業者が参入し、
現在に至っています。

 

FX取引のみを専門に行っている業者もありますが、
その他の業務との兼業という形態も多いです。

FX専門業者について

FX取引を
専門にしている業者のなかには、

 

独立系の業者や
インターネット関連企業の子会社、
海外からの進出企業、
為替ブローカー会社の関連会社など、

 

様々な業界から参入してきた企業があります。

 

なお、FX専門業者は、
証券会社などと比べて小規模のところもありますが、
インターネット取引を中心に、独自の展開で
特徴あるサービスを提供しているところも多いようです。

兼業形態のFX業者について

兼業形態のFX業者では、特に、
大豆やコーン、石油などに投資する
商品先物取引業者が多く、
最近では証券会社の参入も増えているようです。

 

証券会社の場合、
FXは株式や他の金融商品と同様の
取引窓口で取り扱われており、
インターネットのホームページからも取引ができる
というメリットを生かしてシェアを広げています。

 

【スポンサーリンク】