FXの仕組みと証拠金/証拠金とレバレッジとの関係は?

FXの仕組みと証拠金@

FXは、証拠金を担保にして、
外貨の売買に必要な資金を
借り入れて投資する金融商品です。

 

わかりやすく言うと、
FX(外国為替証拠金取引)の証拠金というのは、
この取引を始めるにあたって、
FX会社に納める担保のようなものです。

FXの仕組みと証拠金A

例えば、取引を始めるにあたって、
最初に預ける証拠金の最低額が10万円で、
これにより1万通貨単位の取引ができるとします。

 

米ドルであれば1万米ドルです。

 

仮に為替レートが1ドル=100円だとすると、
外貨預金などの既存の
外貨建て金融商品で運用する場合には、
1万米ドルを買うには、
100万円が必要になります。

 

しかしながら、FXの場合には、
最初に10万円の証拠金を預けるだけで、
1万米ドルを売買することができるのです。

 

これは、10万円の証拠金を担保にして、
1万通貨単位の外貨を売買できる
信用を供与されているために、
できる仕組みであるといえます。

キャピタルゲインとは?

キャピタルゲインというのは、
為替変動による売買で得た利益のことをいいます。

 

また、キャピタルゲインは、
為替売買益ともいいます。

 

【スポンサーリンク】

証拠金とレバレッジとの関係は?

FX取引では、
取引に必要な全額ではなく、
その一部の資金のみで
取引を行うことができるのですが、

 

この際に必要なお金のことを証拠金、
あるいは保証金などと呼びます。

 

ちなみに、FXのことを
「為替証拠金取引」と呼ぶのも、
この証拠金からきています。

 

証拠金というのは、
FXでどれだけ利益を上げることができ、
どの程度のリスクがあるのかを決定する
非常に重要な要素といえます。

 

というのは、FXのレバレッジ効果、あるいは
FXや株式信用取引などの投資の特徴として、

 

証拠金が小さいと、
投資に成功した場合の
利益率が高くなるということがあるからです。

 

また、これは失敗したときの損失率も同様で、
証拠金が小さければ小さいほど
高いものとなってしまうからです。

 

つまり、FX投資の利益率と損失率は、
証拠金の取引金額に対する割合に
反比例するということです。

 

具体的には、証拠金率が10分の1であれば、
利益率・損失率はともに10倍に、
反対に5分の1であれば5倍になります。

 

なお、レバレッジ倍率といった場合には、
この20倍、5倍・・・のことをいい、
FX取引のリスクとリターンを測る物差しとなっています。

 

【スポンサーリンク】