FXの収益は?/スプレッドは狭いほど有利?

FXの収益は?@

外貨建て金融商品の収益というのは、
為替差益と金利収入ですが、
これはFXでも同様です。

 

為替レートの値動きによって
得られる為替差益に加えて、
スワップポイントと呼ばれる金利収入が、
FXの主な収入源になります。

FXの収益は?A

当然ですが、
為替差益は、為替相場が、
自分の予想した方向へ動いたときに
得られるものですので、

 

自分が予想したのとは
反対の方向へ動いたときには、
為替差損を被ることになります。

 

なお、FXというのは
リスクのある金融商品ですので、
実際に取引を始める際には、
自分なりのリスクコントロールを
しっかり身につけておく必要があります。

リスクコントロールとは?

想定されるリスクを最小限に抑えるためには、
リスクをコントロールする手段を
事前に考えておく必要があります。

 

特に、価格変動リスクの場合は、
異なる複数資産に分散投資する
という手段もありますが、

 

自分の想定したシナリオがはずれた場合には、
いったんポジションを解消することにより、
損失を最小限に抑える「損切り」も
重要になってきます。

 

【スポンサーリンク】

損切りとは?

損切りというのは、
含み損が生じているときに、
それ以上の損失を防ぐために、
損を確定することをいいます。

 

損切りは、ストップロスともいいます。

スプレッドは狭いほど有利?

外国為替では、
2WAY(ツーウェイ)プライスと呼ばれる
買値と売値の2つのレートがあります。

 

そして、この買値と売値の差のことを
「スプレッド」と呼び、
このスプレッドが狭いほど、
個人投資家には有利となります。

 

ちなみに、
もしこのスプレッドがなく、
買値と売値が同じプライスであったとしたら、

 

買った直後に売ったり、
売った直後に買っても
まったくコストがかからないことになります。

 

【スポンサーリンク】