投資効率とレバレッジ/相場予測とその実際

投資効率とレバレッジ@

FXの魅力の1つに、
投資効率が高いということがあります。

 

そして、その投資効率の高さを支えるのが
「レバレッジ」です。

 

このレバレッジを使えば、
少額資金で大きな取引をすることができるので、
自己資金の元手以上の収益を
生み出すことができるのです。

投資効率とレバレッジA

例えば、10万円の証拠金を預けて
1万ドルを買えるとします。

 

このとき1ドル=100円であれば、
10万円の元手で100万円相当の外貨を
買っていることになります。

 

つまり、証拠金を元手として考えると、
何と10倍もの取引を行っている
ということになるのです。

 

このレバレッジを使った効果は絶大です。

 

というのは、上記の例で、もし、
1ドル=110円まで円安が進んだ場合には、
円ベースでは100万円が110万円になるので、
10万円の為替差益が得られることになるからです。

 

元手は証拠金として預託した10万円ですから、
利益率は100%にも達します。

 

これが、FXのレバレッジ効果の魅力なのです。

為替相場にテーマがあるとき

為替相場が何をテーマにするのかは、
よくわかりません。

 

ただし、同じ材料のテーマで相場が動くのも、
せいぜい数か月程度で、
それを超えると飽きがくるようなことが多いです。

 

また、忘れかけた頃に、
過去の材料を引っ張り出してくることも
為替市場ではよくあることです。

 

よって、FXトレーダーとしては、
この手の材料が話題になり始めたら、
その時点で対応していけばよいのです。

 

【スポンサーリンク】

自分の相場予測をもつ

FXトレーダーとしては、
相場を当てることが目的ではなく、
稼ぐことが目的なので、

 

とりあえず1年間の予想は立てても、
自分の予想とは違う材料にマーケットが注目し始めたら、

 

その都度、
見方を修正して対応していくことこそが重要です。

 

とはいえ、個人投資家の場合は、
どのように大きな指針をもてばよいのか
わからないかもしれませんね。

 

そのような場合は、
まずは専門家といわれる人たちの意見を聞くのも
よいと思われます。

 

その際は一人ではなく、
複数の意見を集めるようにし、
自分としてどの人の意見を信用できるかを決め、
最後に自分の相場予測を立ます。

 

そして、自分の相場予測を一度決めたら、
それはあくまでも自分の判断として
行動することが大切です。

 

ちなみに、あまり長期の予想は当てにせず、
せいぜい3〜4か月程度の相場予想を重視するようにします。

 

【スポンサーリンク】