FXのセーフティネットは?/マージンコールがない場合は?

FXのセーフティネットは?@

セーフティネットというのは、
投資家の資産を守るための措置のことをいいます。

 

FXのセーフティネットといった場合には、
マージンコールやロスカットが
これに該当します。

FXのセーフティネットは?A

相場の動向次第では、
損失を被る恐れがありますが、

 

その損失額が一定額以上に達すると、
マージンコールによって
証拠金の担保不足が通知されたり、

 

ロスカットによって
取引そのものが
強制的に清算されたりします。

 

FXにはこのようなセーフティネットがあるおかげで、
リスクの高い取引でも、
損失額が大きく膨らまないようになっています。

最低証拠金額とは?

最低証拠金額というのは、
FXを始める際に、
投資家がFX会社に預託する
証拠金の最低金額のことをいいます。

 

ただし、この最低証拠金額は、
FX会社によってもまちまちです。

 

ちなみに、
最低証拠金額が少額であるにもかかわらず、
取引できる金額が大きくなるほど、
レバレッジが高いということになります。

 

一般的には、最低証拠金額が10万円で、
それに対して最大で取引できる金額は
1万通貨単位というところが多いです。

 

【スポンサーリンク】

FX会社にマージンコールがない場合は?

FX業者の中には、
マージンコールのパーセンテージを
自分で設定し直すことができたり、あるいは
マージンコール自体がない業者も存在します。

 

ただし、こうした業者は、
投資家保護という観点からすると
あまりお勧めできません。

 

これは、マージンコールがあるおかげで、
気がついたらいつの間にか
全ポジションが強制ロスカットされていた、
というようなことを避けることができるからです。

マージンコールを発動させないためには?

マージンコールなどは、
できるだけ発動させない方がよいわけですから、
初めからマージンコールを発生させないためには、
次のような事前策をとっておくことが不可欠になります。

 

■できるだけ余裕のある水準の証拠金を事前に入金しておく。
■証拠金に対してリスクの高すぎるレバレッジを効かせない。...など

 

また、預け入れている証拠金に対する
評価損の割合(証拠金維持率)に、
常に気を配るクセをつけるようにします。

 

そうすれば、
マージンコールとは無縁の
FX取引を続けることができます。

 

【スポンサーリンク】