リスクコントロールとは?/マージンコールは発生するとどうなるの?

リスクコントロールとは?@

FXは、
商品面の魅力なども含めて
総合的に判断すると、

 

非常にリーズナブルな金額で
取引を始められますので、

 

個人投資家にとっては、
メリットの高い投資手段といえます。

リスクコントロールとは?A

しかしながら、
レバレッジの逆効果については
十分な注意が必要です。

 

10万円の証拠金で
100万円相当の外貨を買っているとしたら、

 

それはあくまでも、
100万円の外貨投資に相当するリスクを
抱え込んでいるのと同じことだからです。

 

また、証拠金として預けた10万円を
元手と考えるのか、
それとも実際に買い建てている100万円相当の外貨を
元本と見るのかによって、
リスク管理は大きく変わってきます。

 

基本的には、
実際に買い建てている外貨を元本と見立てて、
自分自身のポートフォリオを考えた方が、
予想外のリスクに見舞われることもないので無難です。

 

つまり、あくまでも
実際に取引している金額を
元本と考えることが重要です。

 

【スポンサーリンク】

証拠金はどれくらい預けた方いい?

証拠金は
余裕を持って預けた方がいいです。

 

というのは、預けている証拠金に対して
ギリギリのレバレッジで運用すると、
ちょっとした相場の変動で、
取引が強制的に清算されてしまう恐れがあるからです。

マージンコールは発生するとどうなるの?

マージンコールは、
FX会社によって若干の差はありますが、
含み損が拡大したら
強制ロスカットが適用される点は同じです。

 

よって、マージンコールが発生した場合には、
次のいずれかの対応をとるようにしてください。

 

■追加で証拠金を入金し、維持率を上げる。
■含み損が発生しているポジションを決済する。

 

なお、マージンコールを無視していると、
強制ロスカットで全ポジションが決済されてしまいますので
注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】