ユーロの傾向は?/為替相場の予想...

ユーロの傾向は?@

ユーロというのは、
欧州通貨統合により発足した
共通の通貨のことで、

 

次の全15か国の通貨を
統合することによって、誕生しました。

ユーロの傾向は?@

■フランス ■イタリア ■ドイツ
■オランダ ■ベルギー ■オーストリア
■アイルランド ■フィンランド ■ポルトガル
■ギリシャ ■スロベニア ■ルクセンブルク
■スペイン ■マルタキプロス

 

ユーロが流通している経済圏の規模は、
GDPや人口などで米国に肩を並べており、
ユーロを第2の基軸通貨をみなす傾向が
強くなっています。

 

しかし、複数の国の金融政策や通貨政策を、
1つの中央銀行(欧州中央銀行)が扱うことは、

 

国の経済情勢などに応じた
きめの細かい政策対応が困難であり、
そこにユーロの矛盾点を指摘する意見も多くあります。

 

よって、ユーロが第2の基軸通貨に
なれるのかどうかが決まるのには、
かなり長い時間がかかると思われます。

年末年始の相場予想は当たるのか?

年末年始になると、新聞や雑誌で
今年(来年)の相場予想
といった特集がなされますが、

 

これらの予想というのは、
過去の相場予想を見返してみるとよくわかりますが、
あまり当てになりません。

 

予想を立てる際には、
大勢の人たちがそれを聞いて
納得する理由が必要になりますので、
どうしても通り一遍の予想になりがちだからです。

 

ただ、なぜそのような見通しになるのかについては、
確かに理路整然と説明されており、
思わず納得してしまうものでもあります。

 

しかしながら、
マーケットというのは
そういうものではありません。

 

FXトレードをしていれば、
マーケットが理屈どおりに動かないことは
よくわかると思われます。

 

よって、仮になるほどと思える話であっても、
話半分程度に聞くようにしていれば
よいのではないでしょうか。

 

【スポンサーリンク】