スワップ狙いの戦略の根拠は?/自分に合った投資法を見つける...

スワップ狙いの戦略の根拠は?@

スワップポイント狙いに徹する戦略の根拠としては、
運用するうえで、
動きがわかりやすいからということがあります。

 

プロのディーラーの世界では、
為替だけでなく、株式や債券など、
様々な金融商品が日々売買されていますが、

 

最も収益を上げているのは、
債券のディーリング部門であるといわれています。

スワップ狙いの戦略の根拠は?A

では、なぜ、債券のディーリング部門が
高収益を上げられるのかというと、
それはファンダメンタルズに忠実に動くからです。

 

為替の場合も、教科書的には
「為替レートは二国間のファンダメンタルズの格差によって決まる」
とされていますが、実際には、
ファンダメンタルズなど無視して動くことも多いものです。

 

例えば、政治的要素で動くこともあれば、
テロなどの突発的な事件によって
動くことも多々あるからです。

 

しかしながら、
債券価格を左右する金利というのは、
常にファンダメンタルズに忠実に動きます。

 

先行き、景気がよくなるのであれば
金利は上昇していきますし、
不景気になれば金利は下降していきます。

 

これは、どこの国でもあてはまります。

 

よって、FXの場合も、
目先の為替レートの値動きを追いかけるよりも、
長期的な視点で金利の動きを追っていき、

 

今後、日本の金利よりも
高い金利が期待できる国の通貨に投資した方が、
より効率的に運用できるとされるのです。

 

【スポンサーリンク】

他人の手法は自分でもできる?

本や雑誌などで
「私はこのようにしてFXで儲かった」
などと紹介されていたりしますが、

 

それはあくまでも、
その人の性格に合う取引をしていたからであって、
それを読んだ人がそのやり方をマネしても、
必ず儲かるとは限りません。

 

よって、自分自身の性格をよく考えて、
自分に合った投資法を見つけることが重要です。

ある時点から儲からなくなったら?

儲かっているのに、ある時点から、
それ以上儲からなくなるというときには、
いったんトレードをやめてみることをお勧めします。

 

おそらく、やり方が間違っているのではなく、
自分でも気が付かないうちに、
ある種の限界点に近づいている可能性が高いからです。

 

そのときは、
資金量や損失を許容できる限度額について
改めて洗い直し、
意識して限界点を引上げていくことが必要になります。

 

【スポンサーリンク】