債券とは?/ボラティリティ、経済カレンダー、地合い...

債券とは?@

債券というのは、
一種の借用証書のようなもので、
国が発行するものが国債、
企業が発行するものが社債になります。

 

債券は、
償還まで保有すれば元本が保証され、
かつ定期的に利子収入を得ることができます。

債券とは?A

ただし、その信用力については、
債券を発行している国や企業の財務力に
依存することになりますので、

 

債券を発行している発行体が
財政難に陥ってしまうと、

 

元本が償還されなくなったり、
利子の支払いが滞ったりする恐れもありますので、
注意が必要になります。

日本国内で買うことができる債券は?

個人投資家が
日本国内で購入できる債券には、
次のようなものがあります。

 

■国債
■地方債
■政府保証債
■社債
■外貨建て外債※...など

 

※海外の国や企業が外貨建てで発行しているものです。

 

ちなみに、外貨建て外債の場合は、
外貨建てで発行されるので、

 

為替変動によって、
実際に受け取ることのできる円建ての元利金は、
大きく変動しますので注意してください。

 

【スポンサーリンク】

債券とは有価証券?

債券というのは、
国や地方公共団体、企業などが
資金調達のために発行する
有価証券(借用証書)のことをいいます。

 

債券の購入者である投資家は、
償還日(満期日)まで保有し、
それまでは購入時に決められた利息を受け取ります。

ボラティリティとはどのような意味ですか?

ボラティリティというのは、
変動率のことをいいます。

 

つまり、ボラティリティが大きいほど、
相場の変動が激しいことを示します。

経済カレンダーとはどのようなものですか?

経済カレンダーというのは、
経済指標の発表予定を示した
表のことをいいます。

 

なお、FX会社によっては、
「スケジュール」といったタイトルで
Webサイトに掲載している場合もあります。

地合いとはどのようなものですか?

地合いというのは、
相場の状況や雰囲気のことをいいます。

 

例えば、今後値上がりが予想される場合は、
「地合いが強い」とか「堅調地合い」
などといわれます。

 

また反対に、
値下がりが予想される場合は、
「地合いが弱い」とか「軟調地合い」
などといわれます。

 

【スポンサーリンク】