外貨で現金化するとは?

外貨で現金化するとは?@

円高に進んだ場合を想定して、
簡単にはマージンコールやストップロスには
かからない程度のレバレッジで運用していたとしても、
何が起こるかわからないのがマーケットです。

 

そこまでは円高にはならないだろと考えていても、
実際には、かなり円高になることもある得ます。

外貨で現金化するとは?A

なので、そうなった時でも
あわてずに済むような対策を
たてておく必要があります。

 

例えば、外貨のまま現金化する
というのもその方法の1つです。

 

当然、ある程度の資金力が
必要になるのですが、

 

外貨のまま、
銀行の外貨預金口座に振り込んでもらって、
そのままトラベラーズチェックなどに交換して、
海外旅行などで使用するというのも、
1つのリスク管理手段と考えられます。

 

こうすることで、
為替リスクを気にすることなく、
運用に専念することができます。

 

FXなどのリスク商品で
資産を運用する際には、
常にどのようなリスクがあるのかといったことを
イメージしながら行っていくのが大切です。

 

【スポンサーリンク】

ポジションメイクとは?

ポジションメイクというのは、
新たにポジションを
保有することをいいます。

為替市場は平日であればいつでも取引可能

株式取引の場合は、基本的に、
各国の証券取引所が開いている
日中の時間しか取引できません。

 

これに対して、外国為替取引の場合は、
週末を除く平日であれば
いつでも取引を行うことができます。

 

具体的には、
ニュージーランドのウェリントン市場から始まり、
日本の東京市場、イギリスのロンドン市場、
アメリカのニューヨーク市場の順に、
取引が活発になり、

 

ニューヨーク市場が終わると
翌朝を迎えるウェリントン市場に
バトンパスされます。

 

つまり、日本時間でいいますと、
週明けの月曜日朝7時頃から、
週末の土曜日朝6時(冬時間なら7時)まで、
いつでも取引することが可能ということです。

 

【スポンサーリンク】