100倍のレバレッジとは?/為替市場の取引時間

100倍のレバレッジとは?@

100倍のレバレッジというのは、
例えば、FX会社に預託している証拠金が
10万円だとすると、

 

その100倍の1,000万円相当の外貨を
取引できるという意味です。

100倍のレバレッジとは?A

もちろん、
フルレバレッジで投資した場合のリスクは
非常に高くなります。

 

1ドル=100円で100倍のレバレッジですと、
およそ10万ドルの取引が可能になりますが、

 

わずか10万円の自己資金で
これだけの額の米ドルを取引すると、

 

わずかな為替レートの変動で、
簡単にマージンコールにかかってしまいます。

 

例えば、証拠金の50%の損失で
マージンコールがかかるとすると、
50銭程度円高ドル安が進んだ時点で、
証拠金に対して50%の損失が生じることになります。

 

1日で50銭程度の値動きというのは、
十分にあり得るものですので、
ここまでレバレッジを高めてしまうと、
損失額が膨大に膨らんでしまう恐れが高まります。

反対売買とは?

反対売買というのは、
買いポジションを保有している場合は売り、
売りポジションを保有している場合は買い
の決済を行うことをいいます。

 

【スポンサーリンク】

ポジションとレーダーとは?

ポジションとレーダーというのは、
ポジションを保有し、

 

月足、週足、日足の変化を見ながら、
そのポジションを保有し続けるかどうかを
決断するトレーダーのことをいいます。

外国為替市場は「24時間眠らないマーケット」

時間制限のある株式取引と異なり、
いつでも取引可能な外国為替市場は
「24時間眠らないマーケット」
と呼ばれています。

 

そのため、日本の個人投資家の中でも
特に株式取引を経験したことのある方は、
外国為替取引に魅力を感じるようです。

 

というのは、株式取引は
日中の証券取引所が開いている時間帯が
最も取引が活発になりますが、

 

多くの個人投資家は
昼間に仕事をしているので、
その時間帯にはなかなか取引できないからです。

 

これに対して、外国為替取引の場合は、
仕事が終わった日本時間の夜のほうが、

 

世界で最も外為取引の多い
ロンドン市場が昼間になっており、
日中よりもむしろ取引が活発になっているので、
市場に参加しやすいといえます。

 

【スポンサーリンク】