外国為替とは?/FX(外国為替証拠金取引)のメリットは?

外国為替とは?@

外国為替というのは、
1ドル=100円というような、
2つの通貨による交換レートのことをいいます。

 

外国為替は相対的なレートなので、
一方が上がれば他方は下がります。

 

両方が上昇したり、または下落するということはありません。

外国為替とは?A

ドルが上昇すれば円は下落し、
ドルが下落すれば円は上昇するということです。

 

もちろん、ドルと円のレートだけではなく、
円とユーロやドルとユーロなど
様々な通貨ごとの交換レートがあります。

外国為替の特徴は?

外国為替の特徴としては、
それぞれの通貨には金利が伴うということがあげられます。

 

金利というのは、わかりやすくいうと、
預金の利息のようなものです。

 

日本の金利がずっと低いままであることはご存知の通りですが、
外国為替証拠金取引においては、
この金利も相対的なものとなります。

 

ですから、円とオーストラリア・ドルの金利差と、
米ドルとオーストラリア・ドルの金利差とは
異なるということです。

 

そして、この金利も日々変動しています。

 

これを外国為替証拠金取引では、
スワップ金利またはスワップポイントと呼んでいます。

 

【スポンサーリンク】

FX(外国為替証拠金取引)のメリットは?

外国為替証拠金取引というのは、
インターバンク市場(銀行間取引)で行われている、
ドルで言えば取引単位100万ドルの外国為替取引を、
一般の個人投資家が参加しやすいようにしたものです。

 

具体的には、取引単位を1万ドルや1千ドルに小口化し、
それを5〜10万円程度の担保資金(証拠金)によって
行うことができるようにした取引のことです。

 

このFXを使うと、以前は、
銀行間のみで行われてきた外国為替取引と同様の取引に、
一般の個人投資家が参加することができる
というメリットがあります。

 

といいますのは、
ドル/円やユーロ/円などの為替レートの動向というのは、
日々のニュースなどで報じられますが、
これまではそのレートがいくらなのかを知るだけで、
個人投資家にとっては参加できない相場だったからです。

 

もちろん、銀行で外貨預金をする個人投資家はいましたが、
一般の銀行での為替取引には、
1ドル当たり片道1円程度の
非常に割高な手数料を支払わなければなりませんでした。

 

ちなみに、手数料というのは、割高であると、
その取引コストが投資収益に大きな影響を与えますので、
とても重要な要素になってきます。

 

【スポンサーリンク】