資産維持期のFXとは?/株式投資との違いは?/FX会社が倒産したら...

資産維持期のFXとは?@

資産維持期には、
FXによって外貨を保有することで、
仮に日本の円が大幅に下落(超円安)しても、
資産を失うリスクを避けることができます。

 

現金であれ預金、株式であれ、
円通貨の資産は円があってこそのものです。

資産維持期のFXとは?A

つまり、日本国家の信用が
あってこその資産といえるのです。

 

現在、日本の国家財政というのは、
先進国の中では最も深刻な状況で、
その解決策は、預金封鎖かデノミか、
などと一部ではささやかれているのです。

 

もちろん、
それが現実のものとなるか否かは
誰にもわかりません。

 

しかしながら、
FXで、外貨建て資産を保有していれば、
そうしたリスク、つまり、
円の価値が急落するというリスクについては
回避することが可能になるのです。

 

ただし、これについては、
円高とか円安とかいったレベルの
利益を求める投資方法ではありませんので
誤解のないようにしてください。

 

どちらかといえば、リスクヘッジとして、
資産の一部を他の通貨に分散させる
という方法になります。

 

【スポンサーリンク】

株式投資との違いは?

株式投資の場合には、証券取引所の
「価格優先の原則」と「時間優先の原則」
によって、

 

フェアな執行が行われることが期待できます。

 

しかしながら、FXは相対取引なので、
フェアな執行を保証してくれる機関というのは介在しません。

 

よって、投資家の注文が
迅速・確実に執行されるかどうかは、
FX業者次第といえるのです。

FX会社が倒産したら…

FXの場合、
取引所取引と比較して、
FX会社への依存度が高くなります。

 

例えば、
証券会社を通じて株式の売買をする場合は、

 

法令に準拠して
株券などの顧客資産は分別管理されていますので、

 

もし証券会社が倒産したとしても、
投資家は保護されることになっています。

 

しかしながら、FXの場合には、
こういった公的なルールというものがありません。

 

よって、FX会社が倒産してしまうと、
預託証拠金を取り戻すのは非常に困難です。

 

そのため、FX会社の財務状況や信用状況には
常に注視していく必要があります。

 

【スポンサーリンク】