FXの取引コストは?

外貨預金・外貨MMFの取引コストは?

外貨預金であれ外国債券であれ、
外貨取引を行う際には、
所定の為替手数料がかかります。

 

例えば、外貨預金の場合ですと、
米ドルでは1ドルにつき片道1円、
外貨の買いと売りの往復では2円が取られます。

 

また、外貨MMFの場合では、
片道50銭、往復で1円というのが多いです。

FXの取引コストは?

FXの場合は、
外貨預金や外貨MMFと比べると、
為替手数料は格安です。

 

比較的高めの手数料を取るところでも、
片道10銭、往復20銭というのが普通です。

 

このように為替手数料が安いので、
FXの場合には、
比較的小さな値動きでも
利益を上げられるというメリットがあります。

 

例えば、外貨預金に
1ドル=100円で預けた場合、
利息などを考慮しなければ、
1ドル=102円まで円安ドル高が進まないと
為替差益は得られないことになります。

 

これは、1ドル=101円で
為替差益が出ていても、
為替手数料が往復2円ですので、
実質的には元本割れになってしまうからです。

 

しかしながら、FXであれば、
例えば、1ドル=100円でドルを買ったとしても、
1ドル=101円10銭まで円安ドル高が進めば、
そこから先は為替差益になります。

 

よって、
短期の取引で利益を上げようとする場合には、
FXの為替手数料の安さは、
強力な武器になるといえます。

 

ただし、FXの場合には、
スプレッドには注意が必要です。

スプレッドとは?

スプレッドというのは、
為替の売値と買値の差額のことです。

 

2Wayプライス表示されている
ビッドとオファーの値を見れば、
スプレッドがいくらなのかはわかりますので、

 

為替手数料と合わせて、
コストの割安なFX会社を利用するようにしましょう。

 

【スポンサーリンク】