FX取引の自由度、ロング、建玉、弱材料、じり高、じり安...<

FXでは取引の自由度が高いとは?@

FXは、低コストに加え、
取引の自由度が高い
というメリットがあります。

 

価格変動型の金融商品で
キャピタルゲインを得るためには、
安く買って高く売るのが基本になります。

FXでは取引の自由度が高いとは?A

通常は、まず買いから取引を始めて、
価格が上昇したら売ることになりますが、
その順序は逆でも同じことになります。

 

つまり、高い時に売っておいて、
安くなった時に買い戻すということです。

 

FXならそれが可能なので、
為替レートがどの方向へ動こうとも、
見通しさえ当たれば
為替差益を得ることができるのです。

外貨の売りとは?

FXでは、外貨を買うことからだけでなく、
売ることからも始めることができます。

 

なお、売りのことを専門用語では、
ショートと言います。

 

【スポンサーリンク】

ロングとは?

ロングというのは、
ある通貨の買いポジションを
保有している状態のことをいいます。

建玉(たてぎょく)とは?

建玉というのは、
取引において成立した未清算取引の総額、
あるいはその一部のことをいいます。

 

また、建玉とは、
ポジションを保有することをいいます。

弱材料とは?

弱材料(よわざいりょう)というのは、
相場が下がると予想されるような、
あるいは下がった要因のことをいいます。

じり高、じり安とは?

じり高というのは、文字通り、
価格がじりじりと徐々に
高くなる状態のことをいいます。

 

じり安というのは、その反対で、
徐々に安くなる状態のことをいいます。

 

【スポンサーリンク】