取引コストとは?/取引通貨単位を意識する...

取引コストとは?

外国為替だけでなく、
例えば株式であれば、
委託手数料がコストになりますが、

 

色々と金融商品を取引する際には、
コストがかかってきます。

FXの取引コストは?

FX(外国為替証拠金取引)の場合には、
通貨の売買にかかる為替手数料のほかに、
売りと買いのレート差に相当する
スプレッドがコストになります。

 

当然ですが、取引コストは、
安いに越したことはありません。

 

なお、
投資のパフォーマンスを低下させる要因には、
様々なものがありますが、

 

このうち手数料の安い金融機関を選択すれば、
投資家の工夫や努力次第で、
確実にパフォーマンスの低下を
最小限に抑えることにつながっていきます。

 

とはいえ、FX会社の選択にあたっては、
手数料が安いだけでなく、
情報提供なども充実しているかどうかを
チェックすることは大切です。

 

【スポンサーリンク】

通貨単位はどれくらい?

FXでは、注文を出すたびに
取引単位について意識する必要があります。

 

というのは、同じ米ドルを買うにしても、
1万ドルのポジションをとるのと、
1,000ドルのポジションをとるのとでは、
損益には桁違いの差が生じてくるからです。

 

一般的には、
1万通貨単位ごとの取引が基本となっていますが、
その10分の1である
1,000通貨単位での取引が可能なFX業者も多いです。

 

また、個別の注文ごとに
通貨単位を選択できるFX業者も増えています。

通貨によって取引単位も異なる

取引単位は、
通貨によって異なる場合も多いです。

 

米ドルは1,000通貨単位ごとの売買が可能なのに、
マイナーとされている通貨に関しては、
1万通貨単位でしか取引できない業者もありますので、
必ず事前に確認することが必要です。

 

なお、FX初心者が、
1万通貨単位しか取り扱っていない業者で取引することは、
あまりメリットがありません。

 

まずは1,000通貨単位で取引できる業者で、
少額トレードから始め、
慣れるに従い取引額を増やしていくのが理想的です。

 

【スポンサーリンク】