スプレッドとは?/マージンコールに掛かったら?

スプレッドとは?@

スプレッドというのは、
買値と売値の差のことをいいます。

 

FXで実際に取引するときには、
画面に売値と買値が表示されますが、
このときの売値をBid(ビッド)、
買値をAsk(アスク)と呼びます。

スプレッドとは?A

例えば、ドル円で
「売値111.05−買値111.08」
などのように表示されている場合には、

 

これは、「今ドルを買うなら111.05円で買えます。
ドルを売るなら111.08円で売れます」
ということを意味しています。

 

この場合、仮にドルを買ってすぐに売った場合には、
0.03円の損失が生じますが、
この差をスプレッドというのです。

 

外国為替市場では、
常にレートは変動しているのですが、
銀行などは、その市場の動向にあわせてスプレッドを決めています。

スプレッドはどのくらい?

スプレッドについては、
手数料と同様に取引業者によって異なります。

 

通貨ペアによっても異なりますが、一般的には、
ドル円で、0.03〜0.05円程度のスプレッドが発生します。

 

【スポンサーリンク】

FXで利益を出すには?

FXでは、手数料とスプレッドの合計が、
取引に関わるコストになりますので、

 

基本的にFXで利益を出すには、
この手数料とスプレッドの合計よりも
多くの含み益が出たときに
決済すればよいということになります。

マージンコールに掛かったら?

マージンコールに掛かった場合は、
保証金を追加で入金するか、
現在保有しているポジションを反対に売買
(買いポジションの場合は売り、売りポジションの場合は買い)して、
ポジションの縮小をする必要があります。

追証金を入れなかった場合は?

この追証金を入れられない場合には、
即刻強制決済されるか、あるいは
一定期間をおいて強制的に決済させられます。

 

この場合、今後、
為替相場が反発して急上昇すると予想され、
今後の為替差益が見込まれる場合であっても、
その時点でマージンコールに掛かってしまうと、
強制的に決済、
すなわち損失が確定してしまいますので、
結果的に大きな損失を被ることになります。

 

証拠金がなくなるということは、
為替取引で大きな損失が出ていることですから、
取引をしている投資家は、
何とか挽回しようと焦ってしまい、
冷静さを失ってしまいます。

 

冷静さを失っていると、
正常な為替相場の判断ができなくなり、
さらに多くの損失を出してしまうというケースに陥りがちです。

 

そうならないためにも、
この追証金のリスクを回避して、
常に平常心で為替相場に向き合うことが、
FXで利益を上げていく秘訣になります。

 

【スポンサーリンク】