強制ロスカットと追加証拠金

強制ロスカットとは?@

強制ロスカットというのは、
評価損が発生して、
証拠金維持率が一定レベルを下回った場合に、

 

強制的に反対売買をすることによって
保有している通貨を決済し、
損失を確定させることをいいます。

強制ロスカットとは?A

一般的には、
時価評価を行った時点での
必要証拠金の維持率が
25%を下回った場合に行われます。

 

ちなみに、
強制ロスカットによって精算された場合には、
残金は手元に残ります。

追加証拠金とは?

追加証拠金というのは、
取引を継続するためにする担保補強のことで、
証拠金を追加で預託しなければならないことをいいます。

 

一般的には、
時価評価を行った時点での
必要証拠金の維持率が
25%を下回った場合に行われます。

 

【スポンサーリンク】

FX取引業者選びが重要なのは?

FXでは、
取引業者選びはとても重要です。

 

FXは1998年に
はじめて個人に解禁された取引ですが、
当初は法整備が整っていませんでした。

 

そのような中で取引業者は
1,000社を超えるほど急増し、
中には法の不備を狙った悪徳取引業者も過去に存在していました。

 

それにより、
FXは悪徳業者の多い危険な取引だという
イメージがついてしまったのです。

 

現在では法整備も進み、
悪徳業者も大分淘汰されてきていますが、
それでもまだ、
全くいなくなったとは言い切れないのが現状です。

 

これが、FXでは
取引業者選びが重要であるといわれる1つの理由です。

買戻しとは?

買戻しというのは、
保有する売りポジションを決済することをいいます。

売り持ちとは?

売り持ちというのは、
外貨を売っている状態のこと、
つまり売りポジションのことをいいます。

 

【スポンサーリンク】