IFD注文とは?

IFD注文とは?

IFD注文というのは、
正式にはIF DONE注文といいます。

 

IFD注文の注文方法は、
新規の注文と仕切り注文を
同時に出すというもので、

 

利益確定のIFD注文と、
損失限定のIFD注文があります。

利益確定のIFD注文とは?

例えば、現在の為替レートが
1ドル=100円だとします。

 

もう少しドルが安くなったところで
買いたいということで、1ドル=99円で
米ドルの買い指値注文を出すとします。

 

このとき、将来的には
1ドル=105円になるという見通しであれば、

 

IFD注文によって、
1ドル=99円の新規買い注文と、
1ドル=105円の売り注文を
同時に出すことができます。

損失限定のIFD注文とは?

損失限定のIFD注文というのは、
将来的にドルはもっと高くなると思っても、
状況によっては安くなるリスクもある
という場合の注文方法です。

 

例えば、1ドル=100円以上になった場合に、
ドルの買い注文(逆指値)を出すのと同時に、
ドル安による損失発生に備えて、
1ドル=99円でも
損失限定のドル売り注文を出しておきます。

 

【スポンサーリンク】

オファーとは?

オファー=Offer で、
市場で提示する側(FX会社)の売値のことで、
アスク(Ask)と同様の意味です。

 

なお、オファーは、
投資家にとっては買値になります。

対顧客市場とは?

対顧客市場というのは、
銀行が事業法人や機関投資家などと
通貨取引を行う市場のことをいいます。

地合いとは?

地合いというのは、
相場の雰囲気や状況のことをいいます。

 

具体的には、
「現在、地合いが良い」とか「堅調地合い」
などといわれる場合は、
今後の値上がりが予想されます。

 

逆に、「地合いが悪い」とか「軟調地合い」
などといわれる場合は、
今後の値下がりが予想されます。

 

【スポンサーリンク】