レバレッジ取引とは?/スポット取引(ロールオーバー方式)とは?

レバレッジ取引とは?@

レバレッジ取引というのは、
元本よりも大きな取引ができる取引のことをいいます。

 

レバレッジ取引は、
元本と実際の投資額の比率によって
「レバレッジ○倍」などと呼ばれます。

レバレッジ取引とは?A

具体的には、1ドル=100円のときに、
100万円の投資資金で、
10万通貨の投資をした場合には、
レバレッジ10倍の取引ということになります。

 

⇒ (100円×10万通貨)÷100万円=10倍

 

また、取引業者によって
利用できるレバレッジは異なりますが、
一般的な業者では、
10倍程度の取引を行うことが可能です。

 

といっても、レバレッジについては、
顧客がボタン操作などによって
「レバレッジ何倍」と設定するものではありません。

 

あくまでもレバレッジは、
元本と実際の投資額の比率に対する通称である
ということを覚えておかれるとよいと思います。

 

【スポンサーリンク】

スポット取引(ロールオーバー方式)とは?

スポット取引というのは、
2営業日後に決済をするものですが、

 

これをそのまま適用すると、通常、
通貨の受け渡しなどを行わない個人投資家は、
それまでに必ず反対売買(差金決済)をして、
ポジションを閉じる必要があります。

 

しかしながら、これでは
かなり使い勝手の悪い取引と言わざるを得ません。

 

そこで、FXでは、
その日の終わり(翌日のはじめ)に
未決済のポジションを繰り延べるオペレーションを行います。

 

わかりやすく言うと、
「翌営業日もの対翌々営業日もの」のスワップ取引を行って、
決済日を1日づつ繰り延べていくのです。

 

スポット取引の「ロールオーバー」というのは、
このことをいうのです。

 

つまり、本来は
2営業日後に決済をしなければならないスポット取引でありながら、

 

実質的には決済日が無期限に延長され、
投資家は決済日を気にすることなく為替の取引を行えるのが、
ロールオーバー方式なのです。

ロールオーバーの作業は誰が行うのですか?

ロールオーバーの作業は、
投資家が特別なことをする必要ななく、
FX取引業者が自動的に行います。

 

なので、当然、
手数料も不要です。

 

なお、スポット取引のロールオーバーを行う際には、
通貨ペア間の金利差(スワップポイント)の
受け払いが生じます。

 

【スポンサーリンク】