インターネット取引とは?/FXの契約書とは?

インターネット取引とは?@

インターネット取引とういのは、
インターネットをインフラとして、
電子的にモノやサービスの取引が行われることをいいます。

 

1990年代後半から登場した
ネット証券会社によって、
個人の間でも、インターネットを介して
株式取引や為替取引などが活発に行われるようになりました。

インターネット取引とは?A

ネット証券会社をはじめ、金融取引が
インターネットを通じて行われるようになったことから、

 

現在では、株式や為替などの金融取引も
簡単にできるようになり、
かつ取引コストも低下傾向をたどるようになっています。

本人確認書類とは?

本人確認書類というのは、
口座開設を申し込んだ人が、
本人であるかどうかを確認するための書類になります。

 

具体的には、運転免許証やパスポート、
健康保険証などがこれに該当します。

 

ちなみに、金融機関に提出する際には、
これらの本人確認書類は必須になります。

 

【スポンサーリンク】

FXの契約書とは?

証券取引と同じように、FX取引でも、
取引にあたっては契約書が交わされます。

 

基本的には、契約書の内容について、
事業者と顧客双方が十分理解していれば、
その後のトラブルも減るはずです。

 

しかしながら、現実には、
約款などを十分理解しないで取引を行う顧客も多いようで、
様々なトラブルが発生しているようです。

 

FX会社は、顧客とのトラブルを防止するため、
また法令上問題がないように取引約款を整備しています。

 

そして、実際に取引を始める際には、
顧客が取引の内容を把握し、
約款について理解した旨を一筆とることにしています。

 

これは、顧客が
すべての取引内容や取引にかかわるリスクを
十分理解していることを前提として、
取引が行われているからです。

 

【スポンサーリンク】