外国為替市場の実需筋と投機筋の割合は?/FX会社の信頼性とは?

外国為替市場の実需筋と投機筋の割合は?

外国為替市場における
実需筋と投機筋の割合は、
2対8と言われていて、
投機筋の比率が圧倒的に高くなっています。

 

為替レートが短期的に大きく変動するのは、
このような投機筋が
頻繁に通貨の売買を繰り返しているからといえます。

投機筋の投資行動は?

外国為替市場への
投機筋と呼ばれる参加者は、
目先のニュースで投資行動を起こします。

 

よって、投機筋が
どのようなニュースに注目するのかを
把握しておくことが大切です。

 

具体的には、次のようなものが、
投機筋の注目点になります。

 

■欧州や日本の通貨政策
■金利差
■紛争などの突発的事件
■インフレ動向...など

 

最終的に為替レートは、
2国間の国力の差が決め手になるのですが、

 

それはあくまでも長期的な話で、
短期的な為替レートは、
このような目先のニュースに左右されることになります。

 

【スポンサーリンク】

FX会社の信頼性はどのように確認したらよいですか?

FX会社の選択に際しては、
そのFX会社の信用状況や
サポート体制を把握することが大切です。

 

例えば、ホームページで
次のような自社情報を開示しているか、

 

■本社所在地
■役員の名前
■財務情報...など

 

もし開示していない場合は、
電話で問い合わせてみて、
しっかり答えてくれるかどうかを確認してみましょう。

 

また、信用情報会社やマスメディアのデータベースで、
信用情報や財務情報を調べてみたり、

 

消費者団体などに
トラブルがないかどうかを
確認してみるのもよいと思います。

顧客に対するサポート体制とは?

FX会社の選択に際しては、
顧客に対するサポート体制の良し悪しも重要です。

 

例えば、カスタマー・デスクの体制は
しっかりしているかどうかということは、
そのFX会社の経営姿勢を判断するうえで重要になります。

 

ちなみに、その判断基準としては、
次のような点があげられます。

 

■メールでの問い合わせに、きちんと答えてくれるかどうか。
■問い合わせをしたいときき、きちんと電話がつながるかどうか。
■相手の受け答えがしっかりしているかどうか。...など

 

【スポンサーリンク】